忍者ブログ

ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

継続は力なり。 日々のBB栽培、趣味として記録他の綴りもこのブログでの日々の定期更新終了、今や自虐ネタの趣味栽培ブログの不定期更新

   

使う果実

今年は毎回の摘み採りでほとんどの生果が実家・近所や知り合いに貰われ
手元に残す果実がジャム用と自家消費生食用にそこそこの量


それらを仕分けしているのですが

efa5afe5.jpeg


何せ朝夕と言っても真夏の摘み採り、一粒一粒確認しながら
完熟果実のみ摘み採ってくれば良いものを、
枝先に指を熊手の如く突っ込む一気方式、幼果も当然着いてくるわけで。。。
暑さには勝てない体力の無さ(・_・;)

それでもなるべくは幼果残して帰るんですがねぇ。





この中から差し上げて甘そうな完熟果実を選別、
ジャムにするのものは若干赤味が残っているものでも
お構いなしに利用します

6025aec8.jpeg

上の画像では指の付け根に並ぶ3つが完熟果
これを集めて近所や自家消費へ・・・。


その次がもう一歩のもの、ジャム用に充分使えると思っています。

で、その次、3列目の4個になると赤みが多すぎる事から
ジャムにもせずに廃棄するか足りなければ使うか、、、の境目

当然一番手前の黄色いものは今、摘み採りすべき果実ではなかったです。




下はすべて廃棄

a5102e50.jpeg

廃棄する果実、みなさんは何処までの色つきを良しとしていますか?
完熟一歩手前の果実、
ジャムにすれば多く含まれているペクチンで固まりやすいとか聞きますが・・・
 
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by はっぱ
  • URL
  • 2012/08/24(Fri)08:39
  • Edit
私も上画像の手のひら上から2番目までです。
ペクチンは檸檬で追加。
最近出来れば生果でのジャム目指しています。
1キロくらいで少なくなくなったらまた煮る。
うちのは糖度30%位だから脱気しても開けたら日持ちしないです。
余った果実はやむなく冷凍。
酸味有るヌイや完熟前の酸っぱいスパルタンが美味しかったです。
生果は単一品種で味比べしています。
残りの冷凍果はハイブシュとラビットに分けて。
冬にジャムにしたりそのまま食べたり。
今年はラビットの余分売ったから、ハイブシュだけ。
小さくなったクズ果は皮気になってジャムには使いません。
ドライブル-ベリ-とかどうでしょうね~

Re:無題

  • by ぴん  =  Pin
  • 2012/08/24 21:35
はっぱさん
>私も上画像の手のひら上から2番目までです。
見た目、ど~考えてもそんなもんでしょうね。

>ペクチンは檸檬で追加。
そっか~・・レモンが固めるんでしたか・・(^_^.)

>最近出来れば生果でのジャム目指しています。
ちょっと意味不明です。
私は摘み採り即ジャム加工、

>1キロくらいで少なくなくなったらまた煮る。
一回に2㎏以内の量で瓶15個~16個位になります。
品種によって差が有れども樹上で何時までも放置っていう事には出来ませんので、次から次へと1週間間隔でジャム作りしています。

>うちのは糖度30%位だから脱気しても開けたら日持ちしないです。
おおよその目安でハイブッシュ系は40%、ラビットアイ系でも35%前後のグラニュー糖で納めています

>余った果実はやむなく冷凍。
我が家では必ずご近所に行き渡りますわ(笑)

>生果は単一品種で味比べしています。
それそれ、私はその違いが判らないんです。精々皮の堅いやわらかい位です。

>ドライブル-ベリ-とかどうでしょうね~
お好みで色んな事が出来そうですね、何が旨いのか、出歩いてどこかのお店で口にすれば作るかも・・です!(^^)!

お~!天気

ブログ内検索

Tigers news

powered by プロ野球Freak

最新コメント

[07/03 ゆけゆけ猛虎]
[06/04 D]
[03/02 ゆけゆけ猛虎]
[01/20 きりきり]
[01/12 Reveille]
[08/15 urcfndvwec]
[08/14 uxewlcdbvb]
[05/07 afxvivdaio]
[02/09 ひかりのおっちゃん]
[02/08 ひかりのおっちゃん]

カテゴリ

カウンター

プロフィール

Copyright ©  -- ぴんのブルーベリー趣味栽培日報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]