忍者ブログ

ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

継続は力なり。 日々のBB栽培、趣味として記録他の綴りもこのブログでの日々の定期更新終了、忍者ブログの容量オーバーって言う誤算にて、続きを2014年2月にライブドアへ引っ越ししてやっています。 http://blog.livedoor.jp/pin_berry/archives/3378864.htmlへどうぞ。

   
カテゴリー「北部ハイブッシュ デニース」の記事一覧

ボサボサ・・Denise

昨日の日報とは反してのボサ=3


デニースですが、毎年枝だけになると目立つそのボサボサ具合



全体に樹高が低めのまま推移なので
ここは一つ枝を採って、よ~やくの接ぎ木を3月頃に作る予定しとります


現状の枝は




例年とは変わらない好調?っぽさと判断出来ます。

このまま全体が大きくならないのなら
大した収量も望めませんから接ぎ木と成る訳ですが

地植え苗、しかも自根苗で何処まで生長させられるか
このまま栽培続けてみる気持ちも有ります。


粒が大きめで上手くすれば「ザル」も夢では無い
デニースはそんな豊産の雰囲気がします






PR

まぁ・・素直な葉っぱ ~ Denise

一株丸まる紅葉へ同時進行に見えるデニース



他のブルーベリーでは株元からや枝先からの紅葉が主ですが
このDeniseは、株全体が同時に色着く、そんな感じの様です






極大粒っぽい果実を大量に!と思えば
株を大きくさせるか接ぎ木するか・・

何方にしても現在の地植え位置が畑の隅っこなので
この冬廃棄する苗の入れ替わりとして畑の中ほどに移植します





8日でこの色ですからねぇ
日報upしている頃はさぞかし綺麗だろう・・と。







で、廃棄する品種ばかりでは無い事に

今年も居ました
「ブルーベリー栽培してみたいんやけど
譲ってくれる苗って無い?」

って言うご近所・知りあいの知り合い(笑)





ってな事で、掘り起しする予定苗は
接ぎ木オニール(自作)


ブリジッダ
ブルーレイ
ノースランド
シエラ
エリザベス
秋の接ぎ木苗作りした親苗の
カーラズチョイス
アーリーブルー
などのノーザンハイブッシュ系



などなどと
自宅ベランダで育苗中の鉢
バルドウィン
ホームベル






トコロテン方式丸出し(^_^;)













5分咲き の Denise

打線もそ~
投手もそ~
守備も・・




小嶋君、ここで良い内容だと必ず年間ローテ獲得したはずなのに
あっさりと裏切りましたよ


勿体ない





良いんだか悪いんだか
まだ5分咲きですね















チューリップに隠れそうなデニースの花



26日に観てきた畑で、どちらも豪勢に咲いています。

道路と畑の間に埋め込んだチューリップ
白い花が多いブルーベリーの横で映える





 

全体的にはまだ5分咲き程度か
残した花芽の数だけちゃんと開花しそうです。




摘蕾 Denise

以前から書いています、
デニースの花芽の数が半端ないですので
草引き後にひとまず摘蕾しました

 

剪定の時もそう、
(まだまだ甘い!)
と思いつつも、花芽に関しては
(いずれ鳥が花を突っつくだろうし、花粉飛ばしの役目も必要やなぁ)



デニースの完熟果の集合体は大粒も相まって風格あります。

味は解りませんが、存分に本来の旨みを作り出したい、
結実しそうな時点でその数を最終的に減らします。


一枝に一つの花芽にしてでもまだ多いですねぇ。




充実して来ているのは良いけれど の Denise

昨日はこれまた2週間ぶりの畑で・・
暖かくなって来たと言えども花見などはまだ先です。




一番県道側に植えてあるデニース


そろそろ膨らみ始めたようです。
今の所、枝そのものが太くガッシリしていますが
これら全ての蕾に結実させた日にゃぁ・・そらあんた!
多分今年で一気に衰弱って事になる、ですよ・・。


遠目にも



如何に小苗かがよ~く解るっちゅうもんです。

多分花粉飛ばしの役目が終わる時期に
一枝に1個の蕾残し、他は幼果となる前にかき取りですねぇ。

畑に来るタイミング次第ですが。




白粉目立ちます Denise

本日は2つの日報




デニース 



前回のupは昨年のX’mas
当然少しばかり残した葉っぱ、現在は完全落葉



石灰硫黄合剤散布した跡がアリアリ、
花芽共々枝先までおしろいだらけです。

薬剤の載りやすい品種なんだか、
他の苗木とは一線を画しているみたいですよ。


デニースは出る枝がすべて太い、花芽ギッシリ、



後年に掛けての検証、




現状から見れば摘花・摘蕾は必須です。



ガッチリ! Denise

世間がクリスマスって言っても
ブルーベリーネタです。

まぁ、我が家は浄土真宗、ケーキ  なんて・・・敵だ!(笑)
チキンじゃなくて・・・かしわ!(^_^;)







デニースブルー、
出ているシュートに着いた葉っぱ
落葉した枝や、紅葉中のものまで


41b9d58e.jpeg


これだけガッチリした枝だと安心感あります。
着いている花芽をこのまま開花直前まで残し
それまでに鳥に食べられるか虫に喰われるかで
幾らかは少なくなる筈


それから摘蕾考えます


03ac0e0c.jpeg 0239b201.jpeg

まだ緑色を残す部分有りますが
これも光線の当たり具合って事だけで
やはり日差しのある方が年中好調さを保たれるのだと思います。

紅葉の鮮やかさって
施肥量ってのも関係しているんだろうか。。

 

とても同じとは・・? Denise

デニースブルー、葉っぱの様子が枝で違いが見られます。

 5df58669.jpeg


パルメットとは違い、平凡なブルーベリーの葉っぱ、


イメージとしてはもっと細長い感じだったように思えますが
本来は・・こんな感じでしょうかね、紅葉に向けて
良い兆し、良い色に染まりそうです、解りませんが。







違う枝では

63b43d77.jpeg

何方かと言えばスプーン型
施肥の下手さか、色合いも申し訳ないほどに痛々しい・・

果実は大粒、残す品種と決めていますので
台木に余裕が有れば、この自根苗以外に接ぎ木苗も保険で・・(^^♪



やっと・・・保険って言うフレーズが出て参りましたよ、
何れはベランダも所せましとなるんですねぇ、・・

 

樹高1mも無い  デニースブルー

CSが今日から始まっていたなんて・・・
全くの別世界のお話。



こちとら、来季に向けての体制作り、
心配ばかりしてもねぇ・・・













デニースブルー

2009年2月、一年生挿し苗を頂いてベランダ育苗、
その後ここへ地植え苗して2年でもその樹高は1m超えずです。

cc5a3d35.jpeg

自根苗って事が原因なのか?
枯れる事は無く大粒が収穫出来ますが
着けた実の数が少ないのに木自体の生長が鈍い。。。


03b6e89c.jpeg    4d60f1f8.jpeg

細かい枝は少なくて、がっしりした枝と共に葉っぱも厚味充分みたいです
好調なんでしょう、
これらの他に丁度横から下向きに大きく伸ばす枝が一本ありますので
冬に切り取り春の接ぎ木苗つくりに利用します。

 

何とか口に・・~Denise

6月20日の日報で書きましたデニースブルー

当時はまだ幼果、しかしその時点から大粒っぽいにおいがプンプン(^^♪

先日の完熟にもう一歩の画像です

1ee7caaa.jpeg

管理人の心情としては十分大粒になる品種なんだなと喜んでいますが





それでももう一歩?
そう、
裏がまだ若干白いものが残ります。

1個だけ口にしましたが・・甘いんですが・・何か腰砕け。
まだ小苗って事で、年々【旨い!】と思えるようになる筈と決め込んでいます(笑)


完熟っぽくなっているのを見れば、ガク跡(正面)から四方に亀裂が入っています。
ガルフコーストやダロウ、ノースランドの裂果じゃなくて
初めてのパターンです。


裂果を考えると、どうやら摘み採りタイミングが難しそうな品種ですかねぇ。



 

お~!天気

ブログ内検索

Tigers news

powered by プロ野球Freak

最新コメント

[03/02 ゆけゆけ猛虎]
[01/20 きりきり]
[01/12 Reveille]
[08/15 urcfndvwec]
[08/14 uxewlcdbvb]
[05/07 afxvivdaio]
[02/09 ひかりのおっちゃん]
[02/08 ひかりのおっちゃん]
[02/07 ひかりのおっちゃん]
[02/04 D]

カテゴリ

カウンター

プロフィール

Copyright ©  -- ぴんのブルーベリー趣味栽培日報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]