忍者ブログ

ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

継続は力なり。 日々のブルーベリー趣味栽培がメイン。いずれは虎の日本一を夢見てのブログディスク容量一杯まで後僅かの不定期更新

   
カテゴリー「ラビットアイ コロンバス」の記事一覧

樹勢2・・まさしく勢い!



ベランダの鉢植え環境でもいい生長見せていたコロンバス
地植えにしてからは更にその威力如何なく発揮

それらを見れば2015年の大関のカタログに有った当品種
現在のオンラインショッピングの中から排除されてる

何なんだろうか。








花芽は1/10位に減らして
大粒ねらいそのまんま







株中心に太くなった現在の主軸複数本を取り囲むように
未来の主軸候補がまとまって伸びだしている





この畑では
オレゴンブルー、バルドウィン、ティフブルーに次いで
収穫頭となりそう。




当園では良い品種やと思うけれど。。














PR

小粒化


ほぼ収穫の終わったコロンバス


極大粒品種の名残は無い








収穫当初とはまるで別人・・・人??

別品種

(サイズ的にですが)








結実率




6月11日に観てきた現状
Columbus=コロンバス~ラビットアイですが



順調に葉も光合成盛んに行っている模様で
株自体の生長も著しい、ありがたい事です。


ただ、バルドウィンやティフブルーの様な
ほぼ100%の結実率ではない模様です



もともとラビットアイでは大粒品種の位置づけの筈
そんなに数多くの実成を期待するのもど~かなぁ~

大量に収穫するならばそれに見合った株の生長で補うべし!

でしょうね。


隣り合わせに付いた花でも何らかの事で実にならない部分在ります



ラビットアイのイメージとしては
房成=鈴生りを、それも極大粒揃いで観たいものです。



休眠枝挿し木 ~ Columbus

今年の休眠枝挿し木は全てがラビットアイ
バルドウィンやティフブルーが多くを占める中で
4本だけやりました、コロンバス

親は大関産

誓約書必要とは書かれていないので
自己完結では良いのかな?と好奇心で増殖




全てが挿した当時のままの角ポット





挿し木当年って事も有り
葉っぱの形状も細長く見えるものから、まん丸い形状まで様々。

花芽も着き始めております
葉脈の赤味も観られ始めていよいよ紅葉









複数仕立て狙いの思惑もあっさりと裏切られ(^_^.)








畑の親苗がど~なっているのかサッパリ観に行っていません。


ラビットアイにして極大粒品種
2年後にこの4本全て地植え苗にするスペースも無く
さて。。。ど~したもんか。





ブログ内検索

Tigers news

powered by プロ野球Freak

カテゴリ

カウンター

プロフィール

Copyright ©  -- ぴんのブルーベリー趣味栽培日報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]