忍者ブログ

ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

継続は力なり。 日々のBB栽培、趣味として記録他の綴りもこのブログでの日々の定期更新終了、忍者ブログの容量オーバーって言う誤算にて、続きを2014年2月にライブドアへ引っ越ししてやっています。 http://blog.livedoor.jp/pin_berry/archives/3378864.htmlへどうぞ。

   
カテゴリー「ラビットアイ オレゴンブルー」の記事一覧

今年もやはり・・・



怖いですねぇ~

今年も花形がややこしい予想のオレゴンブルー




蕾が少~し割れ始めた時点からその兆候



それでも実に良い結実率には感心しきり





それでも枝によってはまともな ”ブルーベリーの花” と見える部分も





殆どがこれですけどねぇ




PR

今年も期待してまっさ OregonBlue

今年もやって来ました、

emojiemoji若草山の山焼きemojiemoji

以前は日を決めてやっていたのが
最近は観光客の宿泊数増やす為?の第4土曜日となりました。

夜半には雨だとか・・






観に行けません、行きません、です。








ブルーベリーブログは
何やらハイブッシュ系とラビットアイ、交互にupしている日報



本日はラビットアイのオレゴンブルー

管理人の畑ではホームベルが無くなった現状では
一番の大苗の位置づけ



多くの苗木がこれ位になれば
収穫量と樹勢など気にする事無く安心出来る雰囲気です





ティフブルーなどは昨年のその時期に綺麗に紅葉して落葉でしたが
今季越冬したオレゴンブルーは綺麗とは言えないです


てっぺんの撮影は下から目線
生長段階での障害も樹の大きさからすればど~って事ないです





何だかフクベリーっぽい葉っぱ OregonBlue




阪神、めでたい・メデタイ

来季の抑え(候補)と4番(候補)獲得!

オ・スンファン&マウロ・ゴメス


背番号はともに
22番と44番を用意


背番号と金額に見合う活躍をしてくれますように。















オレゴンブルー
2005年から始めたブルーベリー栽培の当初からある品種

当時挿し木苗をHCで買い求め(あさり)ては花を着けすぎて枯れ死
そんな行動パターンでしたが

この品種はお構いなしの強靭さ

もう9年生って事になるんか、地植え苗です




葉っぱの形状がフクベリーに似ています
逆で、フクベリーがオレゴンブルーに似ているのか・・解りませんが



サザンで言うシャープブルー
枯れ死させようとしてもまた甦る
強いとされるラビットアイの中でも
オレゴンブルーはその位置付けとなります、我が家では。




来年の収穫頭(予定) OregonBlue


オレゴンブルー

例年よりも良い生長で、今年も花芽は多く着けています



で、今年は寒気が強くて春からのハチの訪問時期が遅く
変形花が展開しただけで果実になったのが少なかった事から
確実性を求めて人工的に実施し

来年は必ずやラビットアイの中で一番の収量を目指させます!



果実の少なかった影響がモロに出ております



シュートがじゃんじゃん出て、
着ける葉っぱも「これでもか!」って言う位に茂っております。

真夏に間引きしてこれですからねぇ、凄いもんです。


やっぱり恩恵は受けなければ損でっさかいにね。





大苗だけど・・OregonBlue

オリンピック招致活動の成功おめでとうございます
当地ではあまり熱っぽく語る環境では無いですが・・
(・_・;)


2020年の7月下旬から8月上旬開催って
灼熱の中で大丈夫なん?













先日の最終摘み採りで
意外にも隠れていたのか、少し残っていた
オレゴンブルー



特に晩生品種とは思えないので
これはこれで・・・放置です。



苗木の大きさは

    


比較の椅子の位置を同じ距離にすればよかったものの
まぁその高さは2mに成るか?位です。



株元からも毎年シュートが出て生長続けています


で、来年の収穫は・・



ポチポチっと花芽が見え始めて来ました。


ハチの来ない当地では
まぁ来年は絶対に人工授粉ですかねぇ。

今年は不作 の OregonBlue



オレゴンブルー





大玉になる果実のその傍で
「こりゃぁ小玉のまんまで終わりそうやなぁ」と
そんなのが多い今年の実


やはり春先の長い冷え込みが原因で
只でさえ受粉し辛い時期と変形の花が災いしている

それが丸出しの年と成りました



今年のオレゴンブルーに関しては全体にも色つき遅く
昨年の収穫量とは比較にならない不作

ラビットアイは自家受粉しないという事であれば
一応受粉はしているこれらの幼果

今年は ? で終わりそうです。







一発果実 OregonBlue

6月18日のオレゴンブルー
その一つの枝先




一個だけ肥大速度が他のとは違うのが見られました。



本日の様子




多分周りの幼果は小粒のままで完熟?と成りそうですよ。


来年はキッチリ筆使いで頑張ります。

生長しつつ OregonBlue



オレゴンブルー、
昨年冬に多くのシュートを地際から切り取った不安
しかし残した3本のシュートを引き金?に確実に生長しつつあります。


           

右側に出ているサッカーっぽいシュート?(^_^;)

切らずにこのまま株の一部として生長させます。



花が観難い姿であるものの、幼果は

 

受粉は出来ているとみられるものが殆ど。
中には肥大真っ最中のも。。。






これらがちゃんと完熟果実となるのかいささか不安は有りますが
毎年収穫頭の一角を担ってくれています。





開花記録として の OregonBlue


管理人お気に入り?の オレゴンブルー


開花した模様です

 


模様ですぅ??

そうなんです、開花した時点が明らかに見えない状態
これがオレゴンブルーの本来の姿、
なんだか、バッチィですね 



ただ、

 


みたいに、しっかりとやる事はやっている様です


今一度、動画でUPです






で、株そのものですが


     

ちょっと外れた位置からのサッカーからは
良い結果枝となる複数の分岐枝と
切ったシュートからも生い茂り始めております。




地際を見れば



これからドカン!と伸ばしそうなのが画像真ん中に見えます。

良いシュートになる筈、です。







アノ兆し・・ の OregonBlue

え~・・・っと。

毎年ご覧いただいております
オレゴンブルーの花。

今年はまだ先の事ですが、既に!その兆候が (・_・;)


 

パッと見、普通ですが・・
よ~く見れば割れた蕾の先端から何やら赤いものが
花柱と共に幾つもせり出して来ておりますよ。

オレゴンブルーはラビットアイの中でも早生に属する
豊産品種やと思います。


いずれは満開 ? の時の動画でも(笑)



お~!天気

ブログ内検索

Tigers news

powered by プロ野球Freak

最新コメント

[03/02 ゆけゆけ猛虎]
[01/20 きりきり]
[01/12 Reveille]
[08/15 urcfndvwec]
[08/14 uxewlcdbvb]
[05/07 afxvivdaio]
[02/09 ひかりのおっちゃん]
[02/08 ひかりのおっちゃん]
[02/07 ひかりのおっちゃん]
[02/04 D]

カテゴリ

カウンター

プロフィール

Copyright ©  -- ぴんのブルーベリー趣味栽培日報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]