忍者ブログ

ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

継続は力なり。 日々のBB栽培、趣味として記録他の綴りもこのブログでの日々の定期更新終了、今や自虐ネタの趣味栽培ブログの不定期更新

   
カテゴリー「用土・マルチなどその他」の記事一覧

天日干し ~ 用土殺菌 



先日、近畿地方も平年と比べて2日早く梅雨明け宣言

今年の雨量は少なかったです

被害に遭われた地域との差が激しすぎる・・





で、夕立があるかも知れない中で
冬に使っていたプランターの用土の殺菌かねての天日干し

早朝より準備




およそコガネムシ幼虫潜んでいるだろうし



その他の虫などの殺虫殺菌兼ねて・・何日か用土広げて放置です




取れるだけの根をかき集めて・・・





PR

最後の2本 石灰硫黄合剤

で、その石灰硫黄合剤ですが
ほぼ3年位になるんでしょうか
500mlボトルが店頭から消えるって事で
急きょ6本買った残りが昨日で底を尽きました・・



無風を利用しての散布は冷え込む中での
この時期の恒例行事(臭・・・!)


上手くしたもんで、残っていた最後の2本
有効期間も今年で終わり、


来年からど~しましょうか、




8倍に薄めて2か所の畑に散布

昨日、すっかり消費してしまいました。




これで冬の作業はおしまい。。。

後は芽吹きを待つだけ・・・かな?


ヒノキ皮チップマルチ

マルチ材としてずっとヒノキ皮チップ使い続けていました
今回も新たなピートモス漉き込みや施肥の為
若干の根切りを伴いながら?のマルチ外し




昨年までの桧専門製材業者が廃業した事で
今年から「針葉樹チップ」となります。

これまで毎年積み上げたマルチも結構な量だろうとは思います
ピートモスも同じ、
ハイブッシュ系ブルーベリー畑にして7年
チリも積もれば・・フカフカになる(^_^;)

その内どこかへ飛ばされるか分解するか
盛り上げた畝も年末にはペシャンコになってしまします



ようやく真夏の干ばつでも潅水せずに枯れる事無く夏越し出来る様には成りました

点滴の様にちゃんと設備すれば苗木の生長も格段の違いと聞いています。


ムリです(・_・;)





ピートモス撹拌




先ずは、やる予定の無かったピートモス漉き込み

トコロテン式に出た苗の跡に植え込む苗木の為に・・・
6CU×2個だけ使い、ついでに他の苗木へも。





何は無くともピートモスに水を含ませる事は
一番初めにします、適度に湿らせた後から畑の作業へ移りますが
結構水っぽくしています。

普段が畑への水遣りは出来ない事から
この時だけはシャブコンならぬ・・シャブピー(^_^;)


水道のホースが30mまでしか無く、
畑には届かないので大きめのバケツに入れて




腰への負担が少ないようにちょとずつ・・上の畑へ運びます



2006年から毎年の様に漉き込んでいます

粘土質の田んぼも
今や植え込み部分だけはヒノキ皮チップ効果も有りフカフカ
計測した事無いですがPHも問題は無い筈と踏んでいますので
来年はこの作業抜きでいようかと思います。





ヒノキ皮チップ入手先変更

畑のマルチ用にヒノキ皮チップを使い続けています



これまでの所が休業となりましたので
積み上げ準備の為に他の所で頂く事になりました

ちょっと規模の大きな製材所




これまでも、これからも仕事途中で立ち寄れる製材所が基本
車中には仕事関連の道具や部品が満載している中で・・(・_・;)



さて、



ここではこんなコンベアが3縦列しており
「樹皮チップ」収集には事欠きません
(^^♪




ただ問題が有るのは私の方で、毎度の内容で




こんなのでチマチマ運んでいますからねぇ
4トン車か、せめて軽トラでもありゃぁ一気に!って。



レンタカー借りるなどと言う
「俗世間に泳がされるような事」はしたくも無い



積み込み終われば車中が




エライこってす

多分「土足厳禁車」では考えられない状況

emoji







鉢底

今年は真夏までに植え替えした当時の鉢
今頃洗い清めて天日干し




その数は年々減ってきているように思います

栽培や育苗の「熱が冷めた」って事は無く
「無駄な挿し木・接ぎ木はしない」を実践しているだけですemoji





画像でも解る様に水はけ考えての鉢選びも
5号以上では今後、ほぼ菊鉢に限定します





7号と5号の菊鉢底

これ以上ないって言う位の水切り具合
特にこの国華園の5号鉢だと中央から用土も流れ出しそうなので
100均の水きりネット敷いてから用土詰めています



5号のスリット鉢では




鉢側面に穴を伸ばして排水を進めると同時に酸素供給高め
根が回るサークリング現象を抑える効果ある
って事になります。



ただ、底の設置面積が安定しているので
管理人としては菊鉢に軍配!




それと・・アルミシート巻くのに
角ばっているより丸い方が巻き易い (^_^;)







秋の施肥(追肥)

暑いと嘆きつつも周りではトンボが飛び始めています


昨日も夜明けから朝8時頃までは快晴
それがお昼前から土砂降りのパタ~ンが何日か続いています





で、ベランダの鉢栽培ブルーベリーにも
秋生長の手助け、追肥しました




5号以上の鉢限定では一つまみを2ヶ所~3ケ所

今年の休眠枝挿し木ポットには2~3粒
細かいですが・・(^_^;)




コガネムシ侵入防止ネットをチョイと外し
マルチとしていたベラボンを動かせば
その下には有難い事に白い細根がビッシリ。



見づらいですが。。




この時点で以前ではコガネムシ幼虫の被害で
モチベーションダダ下がり

一つ一つの対処が面倒ですが
物理的な防御策で今年は無事に休眠期へと迎えられます




テンプレート変更して今日からお盆休み
個人事業主としては休みを取るのも
嬉しい様な・・辛い様な・・(・_・;)




ネタつなぐ日報って事で

ベランダでの潅水は
以前からの日報通りの

バケツに汲んだ水を半日~一日置いてから
ひしゃくやジョウロでやる

って事に徹しています











当然バケツが並ぶわけで
それでも昨年より激減の鉢数
バケツも比例して少なめです



日当たり抜群のベランダに置いたバケツですから
夕刻の早い目に水遣りは出来ません
熱いです(>_<)


日が暮れる頃にやぶ蚊に喰われながらの作業。

こんな灼熱ベランダでも枯れる事の無い
ブルーベリーは大したもんです。



管理人は?って言うと
洗面所から重いバケツ運ぶことで
程よいエクササイズemoji




追肥



カテゴリをHANSHIN Tigersにしたい程の日報


午後から休みでラジオ聴きながらベランダで鉢のお手入れ(^_^.)

藤浪投げる甲子園で負けが無い!伝説
都市伝説ちゃいますよ、ホンマです。



とは言いながらピリッとしません、エラーがらみやら
コントロール制御が悪いのか
やけに多い球数。


などと思いながらの施肥です。



一番数多い昨年春の休眠枝挿し木の苗木への追肥

使うのは余っている分のブレンド



一つまみ程度で済ませましたが
まだ大きくなりませんからねぇ、
これからと思いながらも毎年小苗で推移とはど~言うこっちゃ!



と思いつつも9回まで来ましたで・・・。
1点負けてるし・・。




この辺の事は細かい描写出来まへん、ボキャブラリ不足は免れませんです。





取りあえずは中粒の分を用土に埋め込み



対面に極小ペレットタイプの花ごころ肥料パラパラっと。




これで成長に欠かせない4番が入った事になります!




4番・・・・4番打者はマートン・・・
今日はサヨナラは無いだろうなぁ。


・・・

・・・

・・






サヨナラ~!!!!
って。


よっさん大喜びですやん

ま~トンデモナイ事の連続ですわ(笑)





いやいや、観たかったですねぇ。。
作業の手が止まりましたよ(笑)

結局はベランダの鉢苗25個
ネット外してまでの面倒な追肥が
やけに楽しくやり遂げられました




おしまい。

NEW WINDSPACK トラップ設置

コガネムシ成虫捕獲器
ニューウィンズパック(マメコガネ用)設置して来ました。




本体は4年前に買っていますので、
今年もマメコガネ専用の誘引剤セットのみの購入です。


その土地土地で発生時期やコガネムシの種類が違うのでしょうけれど
当地では6月半ばから発生するのがマメ。

特にハイブッシュ系収穫時期最盛期の7月一杯までこれで対処します。
遅れて発生するヒメにまで資金が無いです(泣







ラビットアイ畑では



若干倒し気味の支柱にぶら下げるだけ。
地上1.5mに上の羽が来るようにしています。
本来は1mとか書いてありますが。。





ハイブッシュ系畑では若干狭いのでネットの外
今年は隣でそびえ立つ梅の木の枝にぶら下げます。




これも地上1.5mの位置に上部が来る様にしています。



で、このNEW WINDSPACKのメリット・デメリット




メリットは
〇コガネムシ成虫退治に薬剤使わないで済む。
〇誘引効果が対象虫の発生期間通して持続。
〇本体は何年間か継続して使い続けられる。
〇捕獲スペースが2段階に調整出来るために対象虫が大型でも十分使える。
〇捕獲した虫の量が目で確認出来る。(快感 (^_^.) )






デメリットは
●コガネムシの種類ごとに準備する必要有る。
●(マメ用で)カブトムシやシロテンハナムグリ等、釣りで言う所の「外道」も捕獲してしまう。
●管理人の資金力からすれば交換するのが誘引剤だけと言ってもお高いです。
(3500円前後)
●黄色の爪が簡単に壊れる



下(底)のケースを見た通りの溝にスライドさせていれば
先ず外れる事は無いですが
それでも心配なら黄色の腕を上下にはめ込んで上下のケースを固定する、
その爪が1シーズンで簡単に折れました。



我が家の防鳥ネットは45mm目
4mm目という細かい目の防風・防鳥ネット兼用で使っていれば不要でしょうね



昨年が大量捕獲だった事から、今年は少ないんだろうか?と思いつつも
癖ですね、買ってしまいましたよ(笑)






お~!天気

ブログ内検索

Tigers news

powered by プロ野球Freak

最新コメント

[07/03 ゆけゆけ猛虎]
[06/04 D]
[03/02 ゆけゆけ猛虎]
[01/20 きりきり]
[01/12 Reveille]
[08/15 urcfndvwec]
[08/14 uxewlcdbvb]
[05/07 afxvivdaio]
[02/09 ひかりのおっちゃん]
[02/08 ひかりのおっちゃん]

カテゴリ

カウンター

プロフィール

Copyright ©  -- ぴんのブルーベリー趣味栽培日報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]